ゴールデンカムイ実写映画の漫画はどこまで?原作漫画との違いは?あらすじについても!

記事内に広告が含まれています。

ゴールデンカムイは、明治末期の北海道を舞台に、アイヌの金塊を巡る冒険活劇を描いた大人気漫画です。原作漫画は独特の画風とストーリー展開で多くのファンを魅了しており、実写映画化には大きな期待が寄せられました。

しかし、実写映画化にあたっては、原作ファンから「忠実に再現されるのか」といった疑問の声も多く聞かれました。そこで、実写映画が原作漫画とどこまで忠実なのか、そしてその違いは何かについて、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ実写映画の漫画はどこまで?

ゴールデンカムイ実写映画の漫画は、1巻から5巻までが濃厚と予想されます。

理由

・映画の公開後、WOWOWでドラマ化される予定のため、序盤の話になる可能性が高い
・網走監獄までの話になるという噂もあるが、家永カノが登場しないことから、5巻までが濃厚

原作の区切りや、キャスティングから推測すると、ゴールデンカムイ実写映画は1巻から5巻までが濃厚と考えられます。

原作漫画のストーリーを大きく分けると、以下の5つの部分に分けることができます。

金塊を巡る旅の始まり(1巻 ー 5巻)

網走監獄への潜入(6巻 ー 14巻)

樺太編(15巻 ー 21巻)

北海道への帰還(22巻 ー 27巻)

最終章(28巻 ー 31巻)

1巻から5巻までのストーリーは、杉元佐一とアシリパの出会いから、網走監獄に潜入する前までの部分です。

原作の流れに忠実にストーリーを進めるのだとしたら、ボリューム的にもこのあたりがちょうどいいと考えられます。

ゴールデンカムイ|実写映画の北海道ロケ地紹介!原作漫画とリンクしてる?

ゴールデンカムイ実写映画のあらすじは

舞台は、明治末期の北海道。日露戦争で「不死身の杉元」と異名を取った元陸軍兵士の杉元佐一は、戦友の妻・梅子の治療費を稼ぐため、北海道で砂金採りに明け暮れていた。

そんなある日、杉元はアイヌの金塊の噂を聞く。その金塊は、アイヌの青年・ウイルクが、アイヌの力を奪うために日本人が作った「人柱」を殺して奪ったものだった。ウイルクは金塊を隠し、その場所を刺青で記した。そして、その刺青を刻まれた囚人たちは、網走監獄に収監された。

杉元は、金塊の隠し場所を解明するために、アイヌの少女・アシリパと手を組む。アシリパは、ウイルクの娘であり、父の仇を討つために刺青を解読しようとしていた。

二人は、金塊を狙う刺青囚人たちや、彼らに雇われた刺客たちと戦いながら、北海道の奥地へと進んでいく。

ゴールデンカムイ実写映画の見どころは

激しい争奪サバイバル・バトル
アイヌの莫大な埋蔵金を巡って、杉元、アシリパ、第七師団、土方歳三など、さまざまなキャラクターが争奪戦を繰り広げます。杉元とアシリパの迫力あるバトル、鶴見中尉の底知れぬ狂気、土方歳三の剣捌き、尾形の掴みどころのない行動など、見どころ満載です。

原作漫画さながらのビジュアルとキャスティング
原作漫画からそのまま飛び出てきたような、完成度の高いビジュアルとぴったりなキャスティングにも注目です。杉元、アシリパはもちろん、尾形、鶴見中尉、牛山など、実力派俳優陣が人気の高いキャラクターたちをどのように演じるのか期待が高まります。

北海道の自然を活かした料理
バトル以外にも、北海道の自然素材をふんだんに活かしたアシリパの料理も魅力のひとつです。大スクリーンでの“チタタプ”など、原作ファンにはお馴染みの料理がどのように表現されるのか楽しみです。

ゴールデンカムイ実写映画のキャスト

山田杏奈さん、眞栄田郷敦さん、矢本悠馬さん、工藤阿須加さん、栁俊太郎さん、大谷亮平さん、勝矢さん、木場勝己さん、大方斐紗子さん、マキタスポーツさん、秋辺デボさん、玉木宏さん、舘ひろしさんら豪華キャストが出演します。

役名俳優
杉元佐一山崎賢人
アシリパ山田杏奈
尾形百之助眞栄田郷敦
白石由竹矢本悠馬
月島基工藤阿須加
双子の軍人・二階堂浩平、洋平栁俊太郎
谷垣源次郎大谷亮平
牛山辰馬勝矢
永倉新八木場勝己
アシリパの祖母・フチ大方斐紗子
後藤竹千代マキタスポーツ
アシリパの大叔父秋辺デボ
鶴見篤四郎玉木宏
土方歳三舘ひろし
後藤竹千代マキタスポーツ
梅子高畑充希
寅次泉澤祐希
オソマ永尾柚乃
アチャ井浦新

おわりに

ゴールデンカムイ実写映画の漫画はどこまで?原作漫画との違いは?あらすじについても!について調査しました。

実写映画であっても原作ファンが楽しめる要素や魅力がいっぱいの映画ではないでしょうか。

原作ファンであれば、実写映画でどのような新たな発見があるのか、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。

映画
スポンサーリンク
サラリーマン女子