大谷翔平選手マンダラチャートのやり方は、ビジネスにも活用できる!その方法とは

記事内に広告が含まれています。

大谷翔平選手が実践した「マンダラチャート」は、目標達成のための戦略的なプランニングツールです。この記事では

  • 目標はあるけど、具体的な行動が思い浮かばない
  • やるべきことが多すぎて、何から始めればいいのかわからない
  • モチベーションが維持できない

そんな悩みを抱えているなら、ぜひマンダラチャートを活用してみましょう。

その概要や書き方、成功事例について詳しく解説します。目標達成に向けて、あなたもマンダラチャートを活用してみませんか?

スポンサーリンク

大谷翔平選手が実践した目標達成シート「マンダラチャート」とは?

マンダラチャートは、大谷翔平選手が実践した目標達成のためのシートです。以下に詳細を示します。

 マンダラチャートの概要とフレームワーク

マンダラチャートは、目標を達成するための戦略的なプランニングツールです。中心に目標を記入し、その周りに目標達成に必要な要素を配置します。このフレームワークは、目標を明確にし、具体的な行動を計画するのに役立ちます。

目標達成におけるメリット

マンダラチャートを使用することで、以下のメリットがあります。

  • 視覚的な整理:目標と要素が一目でわかります。
  • 具体的な行動計画:要素ごとに具体的な行動を設定できます。
  • モチベーションの向上:進捗が可視化されるため、モチベーションが高まります。

 大谷翔平選手の事例

大谷翔平選手は、マンダラチャートを使用して目標達成を実現しました。彼の成功は、このフレームワークの効果を示すものと言えるでしょう。

マンダラチャートの書き方・使い方の3ステップ

以下に、マンダラチャートの作成手順を示します。

9×9のマスを作成し、真ん中に目標を記入

マンダラチャートは、9×9のマスを持つグリッドです。真ん中のマスに目標を記入します。

真ん中から1マス離れた8マスに目標達成に必要な要素を記入

目標達成に必要な要素を真ん中から1マス離れた8マスに記入します。これらの要素は、目標に向かって進むための具体的なステップやアクションを表します。

8つの要素を得るための8つの行動目標を記入

各要素に対応する行動目標を記入します。これにより、目標達成に向けた具体的な行動計画が完成します。

マンダラチャートを作成するときの3つのポイント

マンダラチャートを作成する際に考慮すべきポイントを以下に示します。

 目標の設定ポイント

目標は具体的で明確に設定しましょう。曖昧な目標では、マンダラチャートの効果が発揮されません。

要素の洗い出しと優先順位付け

要素を洗い出し、重要度に応じて優先順位をつけましょう。重要な要素から取り組むことで、目標達成の効率が向上します。

マンダラチャートの真ん中以外のマスの活用

マンダラチャートの真ん中以外のマスには、具体的な行動やタスクを記入します。これらのマスは、目標達成に向けたステップやアクションを表します。要素ごとに具体的な行動を考え、マンダラチャートを活用しましょう。

マンダラチャートの使い方は「目標達成」だけじゃない!

マンダラチャートは目標達成だけでなく、仕事やプライベートのさまざまなシナリオで活用できます。以下にその例を示します。

仕事やプライベートでの活用方法

  • プロジェクト管理:プロジェクトの進捗管理やタスクの整理にマンダラチャートを活用しましょう。
  • 学習計画:学習目標を達成するためのステップを整理する際にも有効です。
  • 健康目標:フィットネスや食事の目標を設定し、具体的な行動を計画しましょう。

マンダラチャートをビジネスにも活かそう

ビジネスの戦略立案や目標達成にもマンダラチャートを活用できます。部署ごとの目標設定やプロジェクト計画に取り入れてみてください。

まとめ

マンダラチャートは、大きな目標を小さなステップに分解し、達成までの道筋を明確にするツールです。まるで、迷路の出口を見つけ出すような感覚で、夢への最短距離を導き出してくれます。

使い方も簡単!

  1. 中央に大きな目標を書き込む
  2. 目標達成のために必要な要素を放射状に書き出す
  3. 各要素をさらに具体的な行動に分解していく

さあ、あなたも冒険を始めよう!