仕事を辞めたいと思う50代独身女性。頑張りたいけど頑張れないときのワタシ流乗り越える方法を伝授!

記事内に広告が含まれています。

あなたは、なんのために頑張っているのか、わからなくなることがありませんか?

仕事を一生懸命やっても、評価されず、精一杯、全力を尽くすことに無意味さを感じた事はありませんか。

新しい事を任される機会もなく、やりがいも感じられなくなった職場。うんざりするような人間関係、評価してくれない人事。

そんな悔しい思いから、職場を変えたとしても、うまくいくとは限りません。。

辞めたい気持ちのまま、辞めたとしても、今度は、経済的な不安で押しつぶされてしまうでしょう。
こういう時は、今の現状を少し 冷静に考えてみましょう。

評価されず、人間関係に疲れたとしても、仕事を辞めたいと思う前に、今一度、冷静になり、振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

仕事を辞めたいと思う50代独身女性!仕事を辞める前に振り返る事。

50歳の転職はとても厳しいものです。慎重に考えなくてはなりません。感情的になるのは避けましょう。

転職先が決まるまでは、会社を辞めない
 ようにしてください。

自分自身の立ち位置を確認したいのなら、転職サイトに登録し、面談をしてみることをおすすめします。

自分自身の市場価値を見極める手段の一つ になるでしょう。

転職サイトにおいて、求人をチェックしてみるのも一つです。いろんな体験談が寄せられています。
「失敗してしまった」「後悔している」という声もあります。

右肩上がりの転職は厳しいものです。外の世界を垣間見ることで気づくことがあると思います。
50代の転職は長期間を余儀なくされる事もあります。自分自身をもう1度振り返り、仕事を辞めたい理由をもっと明確にすることが先決!

 

スポンサーリンク

50代女性の転職を思いとどまらせる理由とは?

あなたが今、会社を辞めようかどうか、迷っているのなら アドバイスを3つ伝授します。

その1 退職までに支払われる給料、退職金といった待遇面を見直すこと。

慣れた環境で仕事をしてきた事や、若干、人間関係が絡んだとしても我慢できる範囲なら、そこに居続けることがメリットでしょう。

その2 毎月、安定した環境にいながら給料が振り込まれること。

今、会社に勤めている人生が1つ目だとしたら、60代、70代に向け、2つ目の人生をスタートさせる準備期間が持つという方法を考えるのはどうでしょう。

退職してフリーな仕事を持ったとしても、それを稼働にしなければ、報酬は得られません。独立しても、すぐにお金が入るのならいいのですが、収入を得るまでには時間がかかります。

定期的に収入を得られるのなら、2つ目の人生をどう生きるのか、、準備を始めるのに 辞めないでいることが 最適な環境に気づくはずです。

その3 副業を始める

会社が本業以外の仕事をすることを禁止としてきた時代でしたが、最近では多くの会社が社員の副業(複業)をすすめる起業も増えて、社員が働きながら起業する人が多くなってきました。

インターネットが浸透した社会で、副業の選択もいろいろ増えました。副業も視野にいれるといいでしょう。なぜなら・・・

人生の選択肢が増える からです。いきなり会社を辞めて独立するよりも、少ないリスクで始められる事がメリット。

副業の選択肢も豊富な時代になりました。副業を始める前に、今一度、自分が何のために働き、どこに向かいたいのか、自分の軸を明確にしていくことで選択すると良いでしょう。

新たなる挑戦を広げるその結果、人生の選択が増えて行けるでしょう。

人生は自分で掴むもの!
会社に依存せず、自分で稼ぐ力を身につけることも幸せな生き方ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

50歳働く女性、頑張る理由を見失わないことが大切。

あなたは何の為に働きますか?誰の為に働きますか?

仕事を辞めたいと思った時に、自問自答してみてください。今まで、自分が何のために頑張ってきたことの理由が心に浮かんでくると思います。

私の答えは「幸せであり続けること」これが頑張れる理由の一つです。

仕事ばかりで、寂しい思い、我慢させてきた息子のために、頑張れることが最強の理由です。

不安がる息子を励ましながら、仕事に行った時の息子の顔を思い浮かべると胸がしめつけられ
涙が出そうになります。

そして、

息子の未来の選択肢が一つでも増える事美味しいものが食べられる事、今日という日が
笑顔でいられること

その思いがあるから頑張れるのです。

あなたがもし、今の仕事を 頑張りきれないと感じたら、意地やプライドを捨てましょう

そして、、無駄なリスクは避けましょう

頑張る理由をもう1度、思い起こしてみてはいかがでしょうか?その思いがあると、どんな時も、頑張れることができるはずです。

さあ、前を向いて、今日も1日、頑張って行きましょう!

仕事
スポンサーリンク
サラリーマン女子

コメント