【五十嵐カノア】両親はどんな人?父は破天荒な苦労人!

記事内に広告が含まれています。
五十嵐カノア 両親 五十嵐カノア 父親

五十嵐カノア選手の華やかなサーフィンキャリアの裏には、彼を支え続けた両親の存在があります。この記事では、五十嵐カノア選手の父親と母親の詳細なエピソードを通じて、彼らがどのようにカノア選手を育て上げ、どんな影響を与えたのかを探ります。

破天荒で個性的な父親は、どんな職業についていて、どんな苦労を経験したのでしょうか?また、彼の子育て方針やカノア選手への影響とは?一方で、母親はどんな性格と特技を持ち、どのような教育方針でカノアをサポートしてきたのか?

この記事では、単にプロサーファーとしての五十嵐カノアだけでなく、彼を支えた家庭背景と、彼の成功の鍵となる要素を深堀してみました。

スポンサーリンク

【五十嵐カノア】両親はどんな人?

五十嵐カノア選手の成功の背後には、彼の両親の影響が大きくあります。特に、彼の父親は破天荒な生き方をしていることで知られています。そのエピソードからは、彼の家族の強い絆と家族全体の支持が感じられますので、一緒に見ていきましょう。

【五十嵐カノアの父】破天荒なエピソード

東京五輪で銀メダルを獲得し、サーフィン界の頂点を目指す五十嵐カノア選手。彼を支えるのは、型破りな愛情と深い絆で結ばれた両親、五十嵐勉さん・ミサさんの存在です。

では、父親の勉さんはどんな人なのでしょうか?

【五十嵐カノアの父】勉さんのプロフィール

五十嵐カノアの父、勉さんのプロフィールをご紹介します。

  • 名前:五十嵐勉(いがらし つとむ)
  • 生年月日:1964年生まれ
  • 出身地:東京都
  • 職業:元プロサーファーで、現在はスポーツトレーナー育成会社の社長

父親の勉さんは1964年に東京都足立区で生まれ、12歳の頃からアメリカの横乗りカルチャーに魅了され、スケートボードを始めました。

その後、フリースタイルで東日本チャンピオンに輝くなど、スケートボードでの活躍を経て、中学3年生の時にサーフィンに転向しました。

お父さんの勉さんは、スケートボードがきっかけでサーフィンを始めたんですね。それにしても、五十嵐カノア選手の身体能力が高いのも、お父さんのDNAなんでしょうね!

父親の勉さんとお母さんの美佐子さんは、東京でそれぞれ会員制フィットネスジムでインストラクターとして活躍していました。しかし、本場ハリウッドのサーフィンとフィットネス文化に魅了され、新たな夢を追いかけるために移住を決意します。

ハリウッドには、ムービースターを目指す俳優が多く、オーディションに備えて身体を鍛える風潮がありました。そのため、新しいトレーニングメソッドが生まれやすく、日本のインストラクターも研修目的で多く訪れていました。

勉さんは、この状況に着目し、「インストラクター向けの宿泊施設を作ればビジネスになるかも」という構想を練ります。そして、妻美佐子さんの「行けばどうにかなるよ」という温かい言葉に背中を押され、1995年、憧れのハリウッドへ移住します。

「行けばどうにかなるよ」の妻美佐子さんの方が、破天荒かもしれませんね!

【五十嵐カノアの父】ハリウッドでの挑戦!フィットネスウェアとアメカジビジネス

アメリカ移住後、勉さんはハリウッドでフィットネスウェアのデザインやアメカジブームを利用した洋服のビジネスを展開しました。しかし、2001年のニューヨークテロの影響で仕事がストップし、一時は経済的に困難な状況に陥りました。

【五十嵐カノアの父】ハンティントンビーチへの移住と再出発

2002年、勉さん一家は新たな生活を求めて、サーフィンの聖地ハンティントンビーチへと移住します。当時、カノア選手は4歳半で、次男キアヌさんも誕生したばかりでした。

ハリウッドでの生活では、英語力不足や仕事の不安定さ、そしてカノア選手が毎日サーフィンできない環境など、様々な課題がありました。

勉さんは、これらの課題を乗り越えるために、これまで培ってきた経験を全て捨て、ハンティントンビーチで1からの再スタートを決意します。

日本食ブームという追い風もあり、勉さんは日本食レストランで働き始めます。新しい環境での生活は順調に軌道に乗り、仕事も徐々に安定していく中で、勉さん一家は幸せな日々を送っていきます。

【五十嵐カノアの父】父親がカノアに与えた影響

ハンティントンビーチへの移住は、勉さん一家にとって大きな転機となりました。サーフィンの聖地という環境は、カノア選手にとって最高の練習場となり、彼の才能を大きく開花させることになります。

勉さんの決断力と行動力は、まさに人生を切り開く力と言えるでしょう。そして、ハンティントンビーチへの移住は、五十嵐カノア選手という偉大なサーファーを誕生させるきっかけとなったのです。

父親の勉さんは、アメリカ移住後に様々な困難を乗り越え、カノア選手がサーフィンに集中できる環境を築き上げてきました。彼の職業選択と決断力は、カノア選手の成功に大きな影響を与えたと言えるでしょう。

【五十嵐カノアの両親】母親も破天荒!?

五十嵐カノア選手の母親もまた、彼の成功に重要な役割を果たしています。やさしさと強さを兼ね備えた彼女の性格や特技、さらには教育方針について深く掘り下げてみましょう。

母親ミサさんのプロフィール

五十嵐カノア選手の母親ミサさんのプロフィールを紹介しますね。

  • 本名:五十嵐美佐子(いがらし みさこ)
  • 通称:ミサ
  • 生年月日:1964年生まれ
  • 出身地:東京都
  • 職業:元プロサーファー、経理事務、主婦

東京で生まれ育ったミサさんは、学生時代からサーフィンに魅了され、オーストラリアへの留学経験も持つアクティブな女性でした。フィットネスの勉強のために渡米した経験もあり、その行動力とバイタリティはまさに「太陽の国」カリフォルニアにぴったりと言えるでしょう。

夫となる勉さんと運命の出会い!カリフォルニアで夢を追いかける二人

そんなミサさんが、運命の出会いを果たしたのは、同じくフィットネスを仕事とする勉さんでした。価値観の合う二人にとって、結婚は自然な流れだったようです。

しかし、ミサさんには、もう一つの夢がありました。それは、子供をアメリカで育てることです。
ミサさんは、元々アメリカへの憧れを持っていました。学生時代にはオーストラリアへサーフィン留学し、その後フィットネスの勉強のために渡米した経験もあります。

「度胸はあるほうだったと思います。」と語るミサさんにとって、留学は未知への挑戦であり、新たな夢への第一歩でした。

夢への挑戦と試練とは?アメリカ移住と子育ての奮闘ぶり

夢を叶えるため、ミサさんは勉さんを説得し、二人はアメリカ移住を決意します。しかし、現実は甘くはありませんでした。

言葉の壁、経済的な不安、そして周囲からの心配。様々な困難が二人を襲います。

それでも、ミサさんは持ち前の行動力とポジティブさで困難を乗り越えていきます。そして、2000年に長男カノア選手が誕生します。

カノアの才能開花:サーフィンの聖地ハンティントンビーチへ

五十嵐カノア選手が毎日サーフィンできる環境を求めて、ミサさんは家族をサーフィンの聖地ハンティントンビーチへと引っ越します。

ハンティントンビーチはサーフィンの聖地として知られており、カノア選手にとって最高の練習場となりました。

しかし、カノア選手が学校に通い始める頃、朝サーフィンするには時間が足りないことが判明します。

そこでミサさんは、思い切って引っ越しを決意します。カノア選手が少しでも遅い時間にサーフィンできるよう、スタート時間が遅い学校を探し、その学区内に住まいを移したのです。

毎日海に入り、サーフィンに打ち込める環境は、彼の才能開花に不可欠な要素です。そのために、学校も選んでいたのですね!

五十嵐カノア選手学歴飛び級制度をとるには、この理由からなんですね!

二人の息子たちを支える母としての強さ

カノア選手がサーフィンに集中できるよう、ミサさんは献身的にサポートしてきました。大会や旅に同行し、カノア選手を支え続けます。

カノア選手の学校が休みになると、ミサさんは彼を連れて世界中のサーフィンスポットへ旅に出かけました。ハワイ、バリ、オーストラリアなど、様々な場所でサーフィンを経験し、カノア選手の視野を広げました。

一方、勉さんは仕事で多忙中、次男キアヌさんの面倒を見ることも多かったのですが、家族でカノア選手を支えていきました。

母親のミサさんは、カノア選手が幼い頃から献身的に彼を支え続けました。しかし、カノア選手が成長するにつれて、ミサさんは徐々に子離れを意識し始めます。

そして今、ミサさんは次男キアヌさんへの愛情を注ぐことに力を入れています。かつてカノア選手にかかりっきりになっていたことを反省し、キアヌさんとの時間を大切にしているのです。

ミサさんの愛情は、二人の息子たちに平等に注がれています。カノア選手からは「マミーはキアヌの方が好き」と冗談を言われることもありますが、ミサさんにとって二人の息子はかけがえのない存在です。

ミサさんの手料理なんでしょうか?美味しそう!

困難を乗り越え、夢を叶える家族

五十嵐家は、カノア選手とキアヌさんの異なる性格、そして両親の異なる性格が絶妙なバランスで成り立っています。

慎重派のカノア選手とミサさんに対して、キアヌさんと勉さんはアバウト派。それぞれの性格がぶつかり合うこともありますが、互いを尊重し、支え合いながら温かい家庭を築いています。

ミサさんは、この家族の絆こそが五十嵐ファミリーの成功の秘訣だと語ります。家族の支えがあってこそ、カノア選手はサーフィンに集中し、才能を開花させることができたのです。

互いを理解し、尊重し合う五十嵐ファミリーの温かい絆は、これからもカノア選手とキアヌさんの成長を支え続けていくことでしょう。

まとめ

東京五輪銀メダリスト、五十嵐カノア選手の才能を支えたのは、父親の勉さんの破天荒な行動力と、母親のミサさんの献身的なサポートとポジティブ思考でした。

勉さんはサーフィンへの情熱と行動力で、カノア選手に夢を追いかける勇気を与えました。カリフォルニア移住、サーフショップ経営など、様々な挑戦を通して、勉さんはカノア選手にサーフィンの楽しさを伝えたのです。

一方、ミサさんはカノア選手がサーフィンに集中できるよう、献身的にサポートしました。困難な状況でも前向きに考え、家族を支えたミサさんの愛情は、カノア選手にとって大きな力となりました。

勉さんとミサさんの破天荒ながらも温かい愛情、そして家族の絆の中で育ったカノア選手は、才能を開花させ、サーフィン界を席巻する若き天才へと成長しました。

五十嵐ファミリーの物語は、夢を追いかけることの大切さ、そして家族の絆の強さを教えてくれます。