【M-1グランプリ2023】敗者復活は誰?審査員を紹介!

記事内に広告が含まれています。

漫才の頂点を決める『M-1グランプリ』が、今年もクリスマスイブの12月24日に開催されます。

2023年は過去最多となる8,540組がエントリーし、その中から決勝に進めるファイナリスト9組が決定しました。

しかし、決勝戦に進めるチャンスは、まだ残されています。敗者復活戦を勝ち抜いた1組が、決勝戦に進むことができるのです。

2023年は、どの1組が決勝進出へ進むことができるでしょうか?

■放送日:2023年12月24日(日)

■決勝:18:30~22:10

■敗者復活戦:15:00~18:30

■放送局:テレビ朝日系列

スポンサーリンク

M-1グランプリ2023敗者復活の出場者一覧

まずは、敗者復活戦に出場したコンビをブロック分けにご紹介しますね。

Aブロック:ヘンダーソン、ママタルト、ぎょうぶ、ロングコートダディ、華山、20世紀、ニッポンの社長
Bブロック:オズワルド、豪快キャプテン、エバース、ナイチンゲールダンス、鬼としみちゃむ、トム・ブラウン、スタミナパン
Cブロック:フースーヤ、バッテリィズ、シシガシラ、ななまがり、きしたかの、ダイタク、 ドーナツ・ピーナツ
合計21組です。この中から、最も面白かったと思ったコンビが決勝進出となります。

M-1グランプリ2023敗者復活戦の審査員は

敗者復活戦の芸人審査員は、ノンスタイル・石田明さん、アンタッチャブル・柴田英嗣さん、マヂカルラブリー・野田クリスタルさん、かまいたち・山内健司さん、錦鯉・渡辺隆さんの5人になりました。

敗者復活戦のルールは、今年から大きく変わります。

準決勝で敗れた21組は、7組ずつA、B、Cの3ブロックに分かれ、ネタを披露します。

各ブロックでは、1組ずつネタを披露し、勝ち残った1組が暫定1位となります。

2組目、3組目と、暫定1位を決め続けるタイマン形式で実施されます。

各ブロックの投票を行うのは、観客からランダムで選ばれた審査員です。

各ブロックの1位の3組から、芸人審査員から最も多くの票を得た1組が、決勝に復活します。

M-1グランプリ2023敗者復活戦の結果や順位速報

結果がわかり次第追記します。

2022年敗者復活戦から、決勝へ進出したのはオズワルドでした。

今年はどうなるのか、楽しみですね♬

敗者復活から優勝したコンビは?

過去のM-1グランプリで敗者復活から優勝したコンビは「2015年のトレンディエンジェル」と「2007年のサンドウィッチマン」です。

さいごに

M-1グランプリ2023敗者復活戦、いよいよ決戦!今年は、過去最多となる9組が出場する敗者復活戦。

果たして、決勝に進むのはどのコンビか?そして、敗者復活から優勝するコンビは現れるのか?

今から目が離せませんね!

エンタメ
スポンサーリンク
サラリーマン女子