50代、きれいな人がやっている習慣は何?お金をかけない美容方法をご紹介!

記事内に広告が含まれています。

最近、フェイスラインのたるみ、お尻のたるみが気になりはじめた。おまけに肌の乾燥やシミ、くすみが以前よりもくっきり・・。50代半ばになると、こんな悩みも増えてきませんか?ジムに行く時間もないし、、仕事を持つ50代にとって、自分にかける時間も限られてきます。

そこで、日常生活の4つの分野(食事・運動・入浴・睡眠)から、お金をかけない美容法、しかも簡単で始められるエイジングケア10の方法をご紹介!

仕事を持つ50代の女性にぜひ、参考にして見て下さい。
(私のオススメのユーチューブ動画もご参考に♪)

スポンサーリンク

50代、お金をかけない美容方法 その1

・白湯を飲む習慣をつける

朝起きて、白湯を飲むと体にいいと言われます。
忙しい朝は何も食べずに電車に飛び込み、会社に到着。お水よりもコーヒーで、済ませていませんか?
朝の起きたてや、食事前にコップ1杯、白湯を飲むことで解毒作用があり、体のリズムが整います。
適度に体を温めてくれるので、便秘の改善も期待できると言われています。

50代、お金をかけない美容方法 その2

・舌グルグルトレーニング(ほうれい線撃退運動)

マスクを外すと、意外にも老けて見える方、いませんか?
ほうれい線があるとないとでは大きな見た目の差が出てしまいます。どこでもできる舌を動かすトレーニングです。マスクをしたまま、気軽に行えるマッサージ方法【動画)をご紹介!

Junjunさん 70歳!凄っ
ちなみに、私は通勤電車でやっています。

50代、お金をかけない美容方法 その3

・目の周りや顔のたるみを改善するマッサージ方法

50代になると・・アイラインが引きづらかったり、顔のたるみも出てしまいます。
手を抜いては、実年齢よりも老けて見えることも。 (そんなの嫌だ!)
側頭筋をマッサージするのがポイント!
目の周辺・お顔のたるみに効果がありそうな動画をご紹介!

 

お風呂上がりにマッサージする習慣が大切だよね。
私はユーチューブを見ながら
パソコンの隣に鏡を置いてマッサージしています♪

スポンサーリンク

50代、お金をかけない美容方法 その4

・割り箸で顔の筋肉を鍛えるエクササイズ

顔のたるみ、輪郭をシャープに保つために、オススメなエクササイズが、割り箸を軽く噛み、口角が割り箸よりも上の方になるように意識して、30秒~1分ほどキープ。料理の合間や、家事の合間にできるため、続けることで、たるみのないスッキリとしたフェイスラインを保つ秘訣。
ぜひ、習慣にしてみてはいかがでしょうか?

これなら、料理をしながら、テレビを見ながらでも、できる!

スポンサーリンク

50代、お金をかけない美容方法 その5

・日焼けをしない

シミやしわの原因は日焼けです。
少しぐらい大丈夫!と思っていませんか?冬は特に室内で過ごすから安心!と考えている方も多いと思います。
室内で過ごす場合も、窓からの紫外線が入ってきてしまうので、室内にいても、肌がダメージを受けている可能性はあります。窓から遠い箇所で過ごすようにすれば、日焼けをする心配が減りますが、冬でも紫外線対策とケアをして過ごしましょう。

50代、お金をかけない美容方法 その6

・大股歩きで移動時間をエクササイズタイムに!

太ももやお尻のたるみが気になり始めたら、移動時間を使って、歩くだけで、ヒップが上がり、ももが細くなるストレッチ方法をご紹介。
意識するだけで、こんなにも変わるなら、試してみてはいかがでしょうか?

大きな歩幅と後ろに足を出して歩く。
足の幅は拳1個分を保つように歩く。
ストレッチとあるき方を意識するのとしないとでは、足の疲れが違った!

スポンサーリンク

50代、お金をかけない美容方法 その7

・ブラッシングでアンチエイジング(シャンプー前のブラッシング習慣)

50代になると、お顔意外に気になるのが、髪の毛(頭皮)です。パサパサや抜け毛に悩まされていませんか?
輝くようなキレイな艶髪は、イキイキとした頭皮から生まれます。シャンプー前に1分ほど頭皮をブラッシングすることで汚れを落とし、頭皮の血行を促進させます。前髪を書き上げるようにブラッシングすると、額のシワや、サイドからのブラッシングで持ち上げることで、リフトアップ効果や、目尻のシワも効果的です。

スポンサーリンク

50代、お金をかけない美容方法 その8

・美肌のための入浴は、ぬるめのお風呂に15分つかること

美容のために毎日欠かせないのがお風呂。シャワーだけで済まさないで、しっかり湯船に浸かりましょう。

湯船のお湯に浸かる際に、【お米の研ぎ汁】を入れると、肌の新陳代謝もアップします。
お米の研ぎ汁には、適度なピーリング効果があり、肌の角質を落としてスベスベなお肌になります。お米の研ぎ汁が入ったぬるめのお湯に15~20分程度浸かると、美肌効果もあり、就寝する1時間ほど前に入浴を済ませると、眠りもスムーズになります。
お米のとぎ汁はナマモノであるため、その日に作ったとぎ汁はその日の内に使い切ってください。

50代、お金をかけない美容方法 その9

・食事 (不足しがちなたんぱく質をとろう)

女性の50代前後になると筋肉量が急降下する、筋肉の曲がり角と言われています。
タンパク質は【肌や髪・骨・内蔵・白血球・赤血球・ホルモン】など、体の2割がタンパク質でできています。しかし、50代になると、消化酵素の活性化が急激に低下し、お肉や、揚げ物が苦手になり、どうしても食事が粗食になりがちです。

美肌に必要なのは健康的でバランスの良い食事であり、決して減量前のボクサーのようなストイックな食事制限ではありません。

お肉などのたんぱく質やご飯などの炭水化物などもきちんと食べるのが重要です。

50代から食事を見直しましょう。

50代、お金をかけない美容方法 その10

・睡眠

50代になると「眠れない」「寝ても途中で起きてしまう」など、睡眠の質の変化を感じる事があります。

睡眠は寝る時間はもちろん、質もとても大切です。夜中目が覚めてしまうことがあったり、なかなか寝付けないのであれば睡眠の質が悪いのかもしれません。寝る30分前からスマホを見るのをやめたり、ストレッチをしたりして寝る準備をして質の高い睡眠を取ることがおすすめです。

50代になるとなかなか自分の時間を取ることが難しくなり、寝る前の時間が惜しくなりますね。ただ、毎日が忙しくても睡眠の質と時間を保つことがお肌のエイジングケアに一番役立ちます。なので寝る前の30分は睡眠の質を高めるための時間として有効活用してください。

スポンサーリンク

まとめ

お金をかけず、タダでできるエイジングケア10の方法をご紹介してきました。
日頃の生活に取り入れることが簡単にでき、なおかつ続けやすい方法ばかりですね。

忙しい50代、隙間時間の使い方や習慣を見直して、これからも素敵で輝く50代を目指しましょう。

 

 

美容
スポンサーリンク
サラリーマン女子