『じゃない方の彼女』ドラマ12話「最終回)あらすじ・ネタバレと感想!配信動画はどこで見れる?

記事内に広告が含まれています。

雅也の不倫に気付いて家を出て行ってしまった麗。

そんな頃、雅也は怜子が妊娠したと勘違いして大慌て!大学を辞めるという怜子は何を考えている?!

そして、雅也は妻と彼女どちらを選ぶのか。

どちらが「である方」で、どちらが「じゃない方」なのか!?

雅也の危ない恋の結末は如何に!

『じゃない方の彼女』最終回のネタバレを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ドラマ『じゃない方の彼女』12話あらすじ・ネタバレ

怜子が妊娠したと慌てる雅也は、怜子の家に駆けつけます。

しかし、怜子は足を出した薄着。

雅也はなんであったかい格好をしていないのか、と焦ります。怜子は気付きました。雅也は勘違いしていたのです。

怜子は雅也に、私が妊娠したと思ってますよね、と尋ねます。

雅也は頷き、勘違いを認める雅也。

妊娠していないと聞いた雅也は、少し安心した表情。

怜子はニューヨークに留学することを雅也に打ち明けました。

怜子は自分を試すために留学すると言います。ニューヨークでは春に歴史と美術の展覧会があるそうです。

怜子は雅也に一緒に行ってくれますか、と尋ねました。

雅也は答えることができません。

怜子は出発するまでに答えを聞かせて欲しい、と言います。大学で、雅也は片桐を怒っています。

玲子が妊娠したと噂を流したからです。

一方、彩菜は誠と空き教室へ。

彩菜は誠に怜子と自分どっちがである方なのか選んで、と言います。

誠はやっぱりはっきりしませんでした。

そして彩菜は、次は自分のこと一番に好きになってくれる人と付き合う、と言って誠と別れることにしました。

未だに心ここに在らずな雅也。

雅也が家にいると弘子がやってきました。

弘子は荒れた家だと新しいアイデアが浮かびそうだと言って小説を書きにきたのです。

さらに弘子は雅也に婚姻届を突き付けます。

美人妻とよりを戻すか、可愛い彼女と結婚するかどっち!?と言い出したのです。

優柔不断な雅也はもちろん答えを出せません。雅也は思い詰めた顔のまま盆栽教室へ行きました。

そして怜子にこのあと時間が欲しいとつたえます。

外は雨。雅也と怜子はベンチに座ります。

怜子は雅也への熱い好きな気持ちを語りました。そして、先生は?と尋ね返します。

雅也は好きと言いました。しかし、それに続けて、でもごめん、と答えました。

怜子はそれを聞き、初めて自分から気持ち伝えてくれましたね、と言って去っていきました。

怜子は傘を刺しながら雨と一緒に涙を流していました。

雅也は帰宅すると家に電気がついているのを見つけました。なんと麗が帰ってきたのです。

雅也は麗に、麗のである方になりたい、と言って土下座して謝りました。

麗は雅也のことをずっとである方だと思ってたのです。

でもやっぱり許せない麗。今一番して欲しいことを当てられたら許すと言い出しました。

雅也は頭を悩ませながら思い立ったことを口にします。一向に当たりません。

雅也は自分だけが思ってるかもしれないけど、ずっとそばにいる、と最後に言いました。

麗は、雅也に自分の気持ちをいって欲しかったのです。

無事和解できた2人。麗は夕食の準備に取り掛かりました。

雅也も、ぶり大根が食べたい、とちゃんと自分の気持ちを伝えました。

そして、沙織も帰ってきました。

さらに、弘子も。なんと、再婚すると言い出したのです。しかもまさかの相手は、片桐先輩!!

雅也は仰天です。

一週間後。

雅也の元に怜子から連絡が。初めて会った場所で待ってます、とのこと。

その様子を見た麗は、雅也にどうしたいの?と尋ねます。

雅也は行かせてください、と伝えました。

雅也は初めて怜子とあったスーパーのエレベーター前に。

怜子も来て、初めて会った時の思い出話をしました。

そして、もうお別れの時間。

雅也はじゃあね、と言って送り出しました。怜子は歩いていったかと思いました。

しかし、雅也のところに戻ってきたのです。

そして、左頬にキスをしました。

怜子は、「先生、いってきます」と言って去っていったのでした。

ドラマ『じゃない方の彼女』12話(最終回)を見た視聴者の感想

まとめ・感想

ついに『じゃない方の彼女』最終回を迎えました。

いかがだったでしょうか。

最後の玲子の「行ってきます」という発言は捉え方であらゆる解釈ができそうでした。

雅也は妻の麗をである方として選んだけど、もしかしたらまたいつか雅也の危ない恋が再熱するかも?!

続編があってもおかしくない終わり方でしたね。出演者も最後まで素敵なお芝居をしてくれました。

キャストらのこれからの作品にも注目ですね。

 

ドラマ
スポンサーリンク
サラリーマン女子